屋根のリフォームは足場が必要になるので、外壁と同時に塗装するのが一般的です。

気づかない内に劣化が進んでいるかも!?屋根のリフォームを検討しよう!

MENU

屋根のリフォーム

 

車を所有した事がある人は、ドアなどの側面よりも屋根やボンネットなどの地面に対して水平な部分の方が早く塗装が痛んだり、汚れが溜まった経験を持っていませんか。

 

家も同じで、外壁などの地面に対して直角な部分よりも、屋根の方が日差しや雨風の影響を強く受けます。

 

屋根を長年放置していくと、雨漏れを起こして家に致命的なダメージを与える事もあります。

 

10年以上屋根の手入れをしていないという方は、リフォームを検討してみましょう。

 

 

屋根のリフォームは塗装が基本

 

屋根の劣化はトタン屋根の錆やスレートや瓦のコケやひび割れ、素材全体の劣化などがありますが、基本的に経年劣化によるリフォームは塗装が一般的です。

 

屋根の塗装をやる場合、足場が必要になる事が多く、その場合は家の外壁と同時に屋根も塗り直す事が一般的です。

 

費用はピンキリで面積や利用する塗料、足場の形状などによって変わってきます。

 

傾斜が緩やかな屋根は、業者との交渉次第では足場不要で塗装をしてもらえる場合があります。

 

 

 

屋根断熱で光熱費を削減させる

 

近年は屋根に使う塗料や材料も良い商品が増えてきて断熱効果を高くする屋根リフォームの需要が上がっています。

 

通常の塗料を使ったリフォームよりも費用は高くなりますが、家で最も熱を吸収しやすい屋根に断熱対策をしてあげると、夏場は室内気温を低下させて、冬でも家の暖かい空気を密閉させる効果が期待できます。

 

当然、エアコンの設定温度をエコな方向に動かす事ができて、年間のエアコン稼働日数も減るので光熱費の削減が期待できます。

 

寒がりや暑がりの人は、屋根のリフォームの時は断熱対策を検討するとよいでしょう。

 

 

 

ふき替えをする

 

ふき替えとは屋根材や下地材を一度全て撤去して、全面的に新しくする方法です。

 

屋根の素材を自由に選ぶ事ができ、中の防水加工から徹底的に見直すので大きな効果が期待できます。

 

さらに天窓をつけたり、換気扇の増設などのオプションも自由に選べます。
費用は高いですが、建物の耐久性は大幅にアップします。

 

他にも既存の屋根材を残して、その上から新しい屋根材を施す重ねぶき工法(カバー工法)というやり方もあります。