投資物件を管理するコツは、より小さなコストで最小限のリフォームを施して価値を維持していくことです。

投資物件の価値を維持するリフォーム

MENU

最小限の投資で最大限の効果を得るリフォームを

投資物件とはアパートやマンションなどを購入して、人に貸すことで賃料収入をあげたり、売却することによって収益を得ようというものです。

 

この投資物件に関してもリフォームは大きく関係しています。

当然アパートやマンションというものは、築年数が経過すれば老朽化して、内装も古くなり、店子にとって魅力がなくなるので、マンション経営の立場からは定期的にリフォームをすることで、物件としての価値を高めたり維持したいものです。

 

こういったアパートの経営者や不動産会社も投資物件や不動産のリフォームというものは頻繁に行っています。

 

リフォームというと、設備やレイアウトの大幅な変更を想像してしまいますが、たばこの黄ばみによるクロスの貼り替えやフローリングの貼り替えはかなり頻繁に行っています。

 

もちろん和室から洋室へのリフォームやトイレの交換などのリフォームも行われたり、玄関やエントランス部分の改築や外壁の塗装なども行われております。

 

このように広義・狭義のリフォーム問わず投資物件は、一般の家庭以上に頻繁にリフォームが行われているのです。

 

そうしなければ、不動産価値が維持できずに家賃収入を得ることができなくなってしまうのです。

 

 

 

そしてそこで注意しなければならないのは、そのリフォームの仕方です。

 

それはより小さなコストで必要な最小限のリフォームを施して価値を維持していくことです。

 

入居希望者にアピールするのに、誰も見ていないようなところまで神経質に交換する必要はないのです。

投資物件

 

「クロスやフローリングを交換しました。」と言われれば、入居希望者にとっては非常に気分がよく、どこかしらお得な気がします。

 

しかしドアサッシを新品に交換しましたと言われても、それほどのありがたみを感じるかは疑問です。

 

 

したがって最小限の投資をしながら、最大限の効果を得るリフォームを行っていくのが投資物件を管理するコツです。そういう意味で息の長い投資物件にしていきたいですね。