賢いリフォームを施すことでコスト以上のメリットが得られるかもしれません。

建て替えとリフォームではどちらがお得か

MENU

建て替えと比較した場合のリフォームのコストメリット

建て替えとリフォームを比較した時のコストメリットを考えます。

 

費用

建て替えるかリフォームをするかという問題は、それを選択するときに確実なメリットを見出さなければなりません。

 

少なくともリフォームに関しては、家を壊してゼロから家を建てる費用よりも少ないコストでなければ意味がありません。

 

場合によっては建て替えでなくトータルリフォームを行う場合のほうが、逆にコスト高になってしまうことがあります。

 

したがってリフォームが建て替えよりも魅力的なものであるためには、コスト的なメリットがあることが条件です。

 

 

新築の住宅を建てるためには少なくとも2000~3000万円はかかると思われます。

 

全体改修であるトータルリフォームを行うならばそれを上回る費用であってはあまり意味がなく、トータルリフォームの場合は、費用は1000万円から多くても1500万円までに抑えたいところです。

 

これを上回ってしまうと新築購入の費用に近づいてしまいます。

 

リフォームの良い所は、家屋のまだこれからも利用できる部分は残して、リフォームが必要なところはリフォームしていくということができるということです。

 

 

 

 

要するに条件によっては、さらに低い費用(数百万円単位)でリフォームできることになります。

 

今話題になっている中古物件を購入して、その後にリフォームを施す住宅の購入の仕方は、こういったメリットが担保されるため主流となっている面があります。

 

もともと4000万円の価値があった住宅が築年数が過ぎて1500万円で売り出されていたとします。そしてその後、必要な部分にリフォームを施し、それにかかった費用が1000万円だとするとトータルで2500万円かかったけれど、同価格で新築を購入するのでは得られないような立派な家が手に入ったということも少なくはないのです。

 

そういう意味でリフォームと建て替えを比較した際のコストメリットは十分に追及したいところです。中古物件というのは、そういう意味で新築の購入では得られないような掘り出し物がある可能性が高いです。
それと賢いリフォームを施すことでコスト以上のメリットが得られるかもしれません。