東日本大震災以降、ますます家屋の耐震性の重要性は高まってきています。

耐震性を向上させるリフォーム

MENU

日々安心して暮らすためにリフォームで耐震面を向上させよう!

リフォームをする時、真新しい床や壁に一新され、最新機能のシステムキッチンが取り付けられるなど、様々な希望を抱くものですが、その中で気になるのがリフォームをすることで耐震性の向上は図られるかということです。

 

東日本大震災以降、ますます家屋の耐震性の重要性は高まってきています。

そうでなくても人が住む住居というのは、重厚でどっしりと人々の生活を支えてほしいと思うものです。

 

1981年の建築基準法の改正により、家を建てるにあたって新しい基準が設けられたわけですが、当然それ以前の家屋の基準は低いので、不安に感じている人も多いかと思います。

 

古い家に住んでいると床が抜けたり、壁が黄ばんでいたり、耐震性や耐久性に不安を感じることも少なくないでしょう。

 

もし自分の家をリフォームするとなったら内装がきれいになるだけでなく、リフォームを志す人の中には老朽化した建物に不安を感じていたり、シロアリの被害を受けて決意した人も多いはずです。

 

根本的な家屋の骨組や耐震性は向上させることができるのかというのは大切なところです。

 

 

この疑問に関してはリフォームによって耐震性や耐久性、さらには耐火性を向上させることが可能であると答えることができます。

耐久性

 

工事の段階に入り、家の骨組を見える状態にまで持っていき、その根本的な骨組に対して補強することができます。

 

例えばもし家の重要な柱が脆弱になっているときは、柱を継ぎだすなどの補強をして改善することができます。

 

基礎の部分を掘り起こして、セメントなどを埋め込み、今まで頼りなかった構造を強化することもできます。

 

ただ家の構造というものは、建設時の仕様や施工法によって大きく左右されるので、リフォームによる耐震性や耐火性の向上といっても、もちろんできることできないことという限度はありますが、リフォームの機会があれば、これからその家に住むのにあたって、安心して住めるよう耐久性や耐震性を向上させるようなリフォームを施したいですね。