洗面台の交換をする時は、洗面所の状態に応じてフルリフォームを検討しましょう。

水回りは生活の必需品!洗面台のリフォームで快適な空間に

MENU

洗面台のリフォーム

 

家の老朽化によるトラブルで多いのが水回りのトラブルです。

 

その中でも水漏れや水詰まり、経年劣化の腐食で多いのが洗面台です。
最近の洗面台はコンパクトで収納能力が高く清潔に利用できる商品が多数あります。

 

まだ昔ながらの洗面台を使っている方はリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

水詰まりのトラブルが起こったら、思い切って交換する

 

水回りのトラブルは水漏れの場合、パッキン交換やネジの増し締めなど簡単な修理で対処できる事が多いですが、水詰まりの場合、修理費用が高く付く事が多いです。

 

特に洗面台は、お風呂や洗濯機の排水口と違い、排水管が細く湾曲しているため、水詰まりのリスクが高く、簡単な修理で対処できない場合があります。

 

洗面台の水詰まりの修理費用は、高圧機会を導入したり、排水管の分解作業を行う内容だと3万円以上が相場です。

 

安いリフォーム業者を利用すれば、洗面台の交換費用は工事費込みで10万円を切る商品もあります。

 

水詰まりのトラブルに直面したり、慢性的な水詰まりで悩んでいる場合は、思い切って交換した方が良いケースがあります。

 

 

 

洗面所のフルリフォームの必要性

 

日々、歯磨きや化粧落とし、手洗いなどで水を使う洗面所は、長い年月をかけて壁紙や床が経年劣化で汚れたり腐食している事があります。

 

そこに洗面台だけ新しい物に交換すると、周辺の汚れや劣化が際立ってしまいます。

 

また、洗面所の壁紙や床のリフォームは、洗面台交換と同時に行わないと、洗面台が邪魔になってコストがかかります。

 

洗面台の耐用年数は最低でも10年、綺麗に使えば20年以上使用できます。

 

その後の事も考えると、洗面台の交換をする時は、洗面所の状態に応じてフルリフォームする必要性を検討しましょう。

 

 

 

無料出張見積もりをしてくれる業者を利用する

 

洗面台はネットや広告などで工事費込みの金額を提示している業者があります。

 

しかし、洗面台は商品選びが難しく、洗面所の寸法や排水管の形状に合わせて最適な商品を選ばないと、収納が減ったりデッドスペースを作ってしまうリスクがあります。

 

素人がメジャーで採寸するだけでは分からない事もあるので、なるべくプロが現地確認をして見積もりやそれぞれの商品のメリット、デメリットを説明してくれる所を選びましょう。