あまりに空室が長いときは、思い切ってリフォームを決断する必要もあります。

リフォーム費用は家賃上乗せで回収できるか

MENU

どっちが正解?リフォームして家賃に上乗せ回収VS家賃の値下げ

リフォームをして家賃に上乗せ回収できるのか、
それともリフォームをせずに家賃を下げた方がいいか

 

というのは、アパート経営者にとって大きな悩みです。

 

 

どちらも一理あります。

 

家賃

入居希望者にとっても家賃というのは、重要な問題で新築のアパートよりも築年数の古い家賃の低い部屋を探している人もいるでしょう。

 

例えば現状で4万円の家賃設定をしていて、3万5千円に値下げしたら店子が入ったということもないわけではありません。

 

逆にリフォームをして、和室を洋室に変更したり、トイレを交換したりと比較的大きなリフォーム費用を負担すれば、それを家賃に上乗せして回収しなければなりません

 

今まで4万円で貸していた部屋の家賃に1万円値上げして5万円の家賃を設定することになります。

 

そうすれば3万5千円の予算で入居した店子は、このアパートには入居することはなくなってしまいます。

 

しかしリフォームを施したことで入居してくる予算5万円の入居希望者は集まってきます。

 

どこにニーズがあるかを掴むのは非常に難しいことですが、このジャッジメントはアパート経営にとって大切なところです。

 

 

 

リフォームをするのなら、どれだけの費用を使って家賃に上乗せすれば、どれくらいで回収できるのかを計画的に考える必要があります。

 

その意味でのマーケティングは必要だと思います。

 

投資物件のある街が大学や教育機関のあるところなら学生など若者の入居を見越して、若い人向けの部屋のニーズに変更する必要があります。

 

逆にこれからは高齢者世帯が増えるので、そういった若者向けのニーズがないと判断すれば、あえて洋風な部屋作りをする必要はないといえます。

 

ただあまりに空室が長いときは、思い切ってリフォームを決断する必要もあります。

 

リフォームをしたあと入居者が思うように入らなかったら、家賃を調整するという方法もあります。

 

確実にリフォーム費用を家賃に上乗せしてスムーズに回収できるかはわかりませんが、それが完全に無駄になるということは、物件の老朽化の面から考えてもなさそうです。

 

最小限の投資で最大限の効果を得るリフォームとは!?