費用が新築と変わらない場合は、新築を建設することにシフトしたほうが良いでしょう。

気になるリフォームの相場

MENU

リフォームを考えている方は必見です! ~リフォームの相場~

これからリフォームを行いたいと思っている人にとってリフォームの相場は気になるところです。
例えば、一戸建ての家を購入しようと思えば、建売か注文住宅によって変わりますが、少なくとも2000万円、3000万円という金額になります。

 

 

リフォームのメリットはそれよりも割安な価格で行うことができる事です。

リフォームといってもトイレなど極めて規模の小さなものから、間取りを変更して複数の部屋をLDKへと変更するもの、さらに大規模になり家の大部分の部屋をリフォームするものまで様々です。

 

 

やはり規模が大きくなればなるほどリフォームにかかる費用も大きくなってきます。

主にトイレのリフォームが概ね50万円程度でできることがあります。
標準的なスペースのトイレの目安ですが、リフォームの中でもっとも安い種類のリフォームです。

 

そしてキッチンのリフォームや浴室のリフォームが100万円弱からの値段となっています。いずれも給湯器や給湯管などの工事が関係してくるため、工事費が増減しやすい部分でもあります。

 

また間取りの変更などに伴う、数部屋を連なったLDKに変更するリフォームには、200万円程度かかるのではないかと思われます。主に資材と工事費で半分ずつくらいのコストです。

 

特に構造上の耐久壁の撤去などが伴う場合は、コストが増える場合もあります。

 

またそれ以上に家全体の改修を伴うトータルリフォームをしようとすれば、概ね1000万円程度かかると言われています。

 

テレビで人気のリフォーム番組でも、一般の家庭のリフォーム事例が紹介されていますが、1000~1500万円という予算が紹介されています。

 

 

 

予算

そして注意しなければならないのは、この全面改修をしようと思うと見積の段階で新築を建てる費用とあまり変わらない金額になったり、さらにそれ以上の金額になってしまうこともあります。

 

この場合は無理に家をリフォームしようとは思わずに、新築を建設することにシフトしたほうが良さそうです。

 

その意味でもリフォーム費用の相場を知っておくことは重要です。

 

リフォームのコストメリットについて