築50年のマンションを、クールでおしゃれなテイストのリフォームに変えた事例をご紹介します。

古い物件でもオシャレな我が家に

MENU

リノベーションで古い物件も驚くほどオシャレな空間に

確かに新築物件が一番だろう。
真新しい家を自分の空間として手に入れることができたらどんなにいいでしょう。

しかし現実問題、長引いた不況、劣化する雇用環境など購入者にとって苦しい状況がつづいています。

新築を手に入れる事が出来れば一番いいけれどそう簡単に行く状況ではないことも確かです。

 

 

そこで中古物件を購入してそれをリフォームするという方法が、現在の大きなトレンドになっています。

中古物件ならば新築物件の半分の値段で買えることもあり、それをリフォームすればまだまだ魅力的な空間になります。

 

それを証左するように、銀行などの金融機関でも「リフォーム付き住宅ローン」などの金融商品を扱うようになりました。

 

中古住宅を購入する資金を融資して、さらにそれをリフォームする資金を融資するというものです。こういったお膳立てもあり、至るところで中古物件のリノベーションは活気を見せています。

 

 

 

肝心なのは古い物件であっても、築年数が古くても、住みよいおしゃれな空間を作り出すことが可能だということです。

中には築50年のマンションをクールでお洒落なテイストにリフォームした事例もあります。

 

時代遅れになりつつある平凡な間取りと内装でしたが、天井は打ちっぱなしになり、シャワー室などがガラス張りになったり、高級ホテル風な内装を実現させました。

リフォーム

 

 

内装を見ればまさに新築物件さながらのフレッシュさと重厚感があり、マンション購入費用とリフォーム費用を考えれば、非常にお得な買い物であることは間違いありません。

 

 

また、古い物件の外観のテイストを活かし、日本家屋風のデザインを維持しながら、現代の機能を充実させる事例などもあり、リノベーションにありがちな外見はボロ屋だけれど中はきれいというアンバランスさを解消させるものになっています。

 

 

このように中古物件をリフォームしておしゃれに創りかえるという事例は、これからもますます増えていくでしょう。これから中古住宅の購入を考えている人は、ぜひ購入後にリフォームしてみてはいかがでしょう。